« ゆうじんの部屋 #12 | Main | ゆうじんの部屋 #14 »

ゆうじんの部屋 #13

「人口減少下の社会資本整備」-拡大から縮小への処方箋-
編者・著者代表 丹保憲仁 
土木学会 1200円+税
福井市立図書館・みどり図書館所蔵
-------------------------------------------------------------------------
 洋の東西を問わず、都市生活者は情報の交換や共同の生産活動のために狭い場所に集まらざるを得ず、都市問題の解決とは、過密問題の解決のための土地利用制限、衛生施設、交通施設の整備といった過密問題との戦いの歴史であった。
 都市行政の制度や理論は、過密問題解消のためのツールは十分であるが、都市の空洞化への対処策は不十分であるとよく言われるところであるが、空洞化は逆にいえば過密問題の自然解決であり、前向きにまちづくりに活かして行きたいところである。この本は、まちづくりよりもより広い視点に立って、人口減少の問題を論じている。
 しかし、地球環境等はまだ人口増加の問題が多いにもかかわらず、同じ本で論じているため、若干の理論的混乱が生じている。土木学会として人口減少を論じた野心的な取り組みであるが、もう少し的をしぼった議論が望まれるところである。

|

« ゆうじんの部屋 #12 | Main | ゆうじんの部屋 #14 »