« April 2004 | Main | June 2004 »

第4回総会&記念講演会開催 040516

 ROBAの会第4回総会が5月16日(日)ふくい県民活動センター研修室で開催されました。
H15年度の報告、16年度の事業計画などについて発表され承認されました。

04soukai1.jpg 04soukai12.jpg

 総会であいさつする会長   太田川鉄道㈱支援を!!伊野氏

 引き続き、本田 豊 氏(兵庫県阪神北県民局勤務)による設立3周年記念講演会が『LRT導入へのアプローチ』が行われました。LRTをはじめとした公共交通とまちづくりの取り組み、モビリティマネジメント、TDMの重要性などについて分かりやすく講演したいただきました。雨の中多数の方が参加していただき、意見交換も時間が足りなくなるほどでした。

04soukai2.jpg 04soukai3.jpg 

 講演していただいた本田氏     意見交換会

 その盛り上がりは、引き続き行われた赤茄子亭での懇親会まで持ち込まれ、ROBA初公開の紙芝居まで登場しました。
 ことしのROBAの大活躍を予感させる総会でした。

04soukai41.jpg 04soukai42.jpg

総会・講演会の開催案内

投稿:はやしや、写真:さとう、八州 太郎

| | Comments (0)

記念講演会の詳細情報 040501

ROBAの会 (ふくい路面電車とまちづくりの会)
設立3周年 記念講演会

『LRT導入へのアプローチ』
講師:本田 豊 氏(兵庫県阪神北県民局勤務)

日本の各地では、都市再生の切り札として導入の検討が行われているLRTですが、どこもその実現に苦労しているのが現状です。日本のLRT導入に対する課題と導入するために必要な取り組みとは何か。そのアプローチの方法について、行政でLRTに関わってきた経験などから、市民団体に対するアドバイスを含めて、お話していただきます

*******************************************************
■日 時:平成16年5月16日(日)15時~17時
■場 所:ふくい県民活動センター研修室 
    ※福井市大手3-11-17 福井県民会館5F
            TEL :0776(29)2522
■参加費:無 料 (どなたでも参加できます)
*******************************************************

■講師プロフィール■
 本田 豊 氏(YUTAKA Honda)
 1962年 生まれ
 1984年 神戸大学工学部土木工学科卒業
 1988年 兵庫県入庁
 1998年 交通政策課でLRT・TDMを担当
 2004年 4月より現職
 2003年 岡山理科大学非常勤講師
 2000~2002年 土木学会関西支部
  「LRTによる都市づくりに関する調査研究委員会」幹事
 2003年 日本都市計画学会関西支部
  「路面公共交通のための都市交通空間デザイン研究会」委員

【主な論文等】
 「路面電車とまちづくり」:学芸出版社
 「路面電車を活用したフライブルクの公共交通システム
             :季刊ユニバーサルデザイン07号
 「都市交通の切り札LRT(路面電車)を検証する」:高知県
 「LRTによる新しいまちづくりを実現するために
   -持続可能な都市再生を目指して」:月刊自治研 №523
 「LRTの導入に向けての課題と提案」:Consultant №219

■スケジュール■
 総会(自由参加) : 13:30~14:30
 講演会受付    : 14:30~
 開   場     : 14:45~
 記念講演     : 15:00~17:00
 記念親睦会    : 17:30~
 
■記念親睦会■
 会場:ターミナルホテルフクイ1F 赤茄子亭
     福井市日之出1-18-1
     TEL:0776(24)8800
 会費:3,000円   

※会場は福井で、公共交通で最も便利な施設のひとつです。
 「ばすでんしゃねっと・ふくい」 の福井市路線一覧を参照いただき
 ぜひバスや電車でお越しください。

・・・・・・・お問い合わせ先・・・・・・・
   ふくい路面電車とまちづくりの会(ROBAの会)
       〒918-8031 福井市種池1丁目1905-3
      TEL:0776(25)7968 FAX: 0776(36)4454
             e-mail:roba@mbh.nifty.com
URL:http://roba.cocolog-nifty.com/roba/home/

| | Comments (0)

« April 2004 | Main | June 2004 »