« まちづくり懇談会#21  040603 | Main | ゆうじんの部屋 #23 »

ゆうじんの部屋 #22

「土木学会論文集Ⅳ」
土木学会  2004-4 NO.758 Ⅳ-63
-------------------------------------------------------------------------
土木学会論文集の中に、「米国のスマート型成長政策の動向:社会資本と地域開発の統合的視点から」(谷口守、Robert CERVERO)という論文がある。路面電車ファンの殆どは、コンパクトシティを好み、「歩いて暮らせるまちづくり」を志向するが、人口減少時代で、自動車保有者が多数派の国で実現可能かどうか。この論文は、その根本問題を考える理論的枠組みを提案しようとしている。
本来政治的な問題である、コンパクトシティをめざせるかどうかを理論で解き明かそうとする取り組みは挑戦的である。私自身は、自動車利用者に社会的費用を払わす経済的規制のみが最適な都市交通政策と考えているが、それが実現できないとき、セカンドベストの政策を行う必要があり、市民的議論の重要性を改めて認識させる論文であった。

|

« まちづくり懇談会#21  040603 | Main | ゆうじんの部屋 #23 »

Comments

The comments to this entry are closed.