« 富山LRT開業イベント参加2 060429 | Main | パネルセッションに参加して 060521 »

かなざわ都市圏の近未来交通 060506

5月6日(土)「かなざわ都市圏の近未来交通を考えよう」に参加

 金沢駅もてなしドームの地下に降りていくと、目の前にはおばさんたちが受付。かとおもいきや、お茶をどうぞとすすめられる。もてなし隊が金沢棒茶でもてなし、金沢を案内くれるそうだ。このドームがせっかくできたのに、何も案内がなくて結成されたとのこと(結成のきっかけは、行政から声を掛けられたためらしい)。
 フォーラムの会場は、その奥にあった。参加者は40名ほど、パネルで仕切られた横を通りかかる人たちが、何をやっているのか覗き込んでいく。何人かが出入りしているので、述べ60名ぐらいになるだろうか。外を通る人向けにもっとアピールするものがあってもいいなと感じた。
 講演会の内容は、福井でもおなじみの服部重敬さんの基本講座という感じだったが、「カールスルーエの最長150kmの路線を北陸になぞらえると、富山LRTから北陸線に乗り込んで、金沢では香林坊を通って再び北陸線に戻って、福井では福鉄に乗り込んで武生まで行くようなものだ」という例示が印象的で、かつ北陸のLRTの夢だなとおもいました。    (林  博)

|

« 富山LRT開業イベント参加2 060429 | Main | パネルセッションに参加して 060521 »

Comments

The comments to this entry are closed.