« April 2006 | Main | June 2006 »

パネルセッションに参加して 060521

 福井に4月1日から福井鉄道福武線に低床型路面電車が走り出した。それを受けてROBA主催のパネルセッション「動き出したLRT どうする福井のLRT 次の一手」と題して北陸3県でLRT推進を目指している3団体の関係者と当会の内田会長を交えて、パネルセッションを行った。コーディネーターは林理事が務めた。
 2時40分、ほぼ定刻に開催された。はじめに、富山からは4月29日発車した、「ポートラム」の報告、高岡からは、「アイトラム」の走るまでの経過、金沢では、路面電車はないが、LRTの力説している様子、そして福井からは、現在の課題についてそれについての報告がなされた。
 富山からは4月29日に開業した富山港線・ポートラムの詳細な説明があった。15分ヘッドで所要時間約24分、2輌7編成で運行開始、土曜、日曜、祝日は半額の100円、ICカードでの乗降、終点の岩瀬浜駅及び蓮町ではフィーダーバスとの連絡がされていることなどが報告なされた。
 高岡からは、RACDA高岡の活動、特に、乗って残す運動や公共交通への理解を深めるための出前勉強会(キャラバン)の紹介、又、新幹線開通後の公共交通のあり方について、模型を作り皆でワークショップをしている様子などについて報告があった。
 金沢では、中心市街地が駐車場で虫食い状態になっている現状があることから、活性化のツールとしてのLRTの普及を進めたいとの決意が披露された。また、5月6日に行われたLRTの紹介イベントを開催したことの報告と、それが後日一般紙に大きく紹介され、金沢でのLRT発信の第一歩になったことを報告。
 最後にROBAからは福井鉄道に低床車輌が導入された紹介と、LRT構築への希望が出てきたこと、更にそのための3つの提案を呼びかけた。と同時に福井における2つの地方鉄道の頑張り具合についても紹介がなされた。
 その後、昨日実施した簡便法による福井鉄道の車輌の騒音、振動調査の報告があった。やはり、低床車輌の騒音、振動の低減が数字の上からも実証された。特にインファンド工法を実施した駅前線の騒音の低減は明確であった。また、クルマのエンジンふかし音が以外に大きいことも報告された。
その後、活発な意見交換が行われた。
 福井市は公共施設が分散されている現状であるが、他都市はどうか?との質問に「富山」でも同じ状況である、高岡では、駅前に図書館や高校などの公共施設が入った再開発ビルができ、かなりの集客があることなどと回答。利用者の増加の要因として、富山からは全国の事例から定期券利用客をどう伸ばすかが経営安定の鍵、しかも通学よりも通勤客を増加させることが肝要と言及。高岡では、アイトラムは冷房が効いている、色も赤で目立つ、30分に1本走っているので乗客増となっている。利用増の対策として富山市では高山線の本数を増やす社会実験を予定していること、高岡ではスケッチ電車などのイベントを開催、両市とも、電停がよくなったことが乗客増加に直接は関連が薄いという回答があった。
 岐阜から岐阜地区鉄道新線計画の事業計画が近々正式に受理されるであろうとの報告、また岐阜からきた電車がすっかり福井の電車になりきったなどと感慨深い感想を述べていた。
参加者から、「今日は北陸おでかけパス」2000円で高岡から来た、そして大野駅へ行ったら県外から来た方に2000円相当のお土産やらで投資したお金が返ってきた。このような利用増の仕組みをもっと広げていけば利用促進になるのではないかと感想が出された。
これを受けて、最後にコーディネーターから「つないで生かす」ことが如何に重要、そして、LRTのTはTOWN であるのではないかと提案。北陸3県のつながりをもっていくことが確認され、午後4時40分にパネルセッションは閉会された。参加者は概ね30名程度であった。
                高橋 八州太郎

| | Comments (0)

かなざわ都市圏の近未来交通 060506

5月6日(土)「かなざわ都市圏の近未来交通を考えよう」に参加

 金沢駅もてなしドームの地下に降りていくと、目の前にはおばさんたちが受付。かとおもいきや、お茶をどうぞとすすめられる。もてなし隊が金沢棒茶でもてなし、金沢を案内くれるそうだ。このドームがせっかくできたのに、何も案内がなくて結成されたとのこと(結成のきっかけは、行政から声を掛けられたためらしい)。
 フォーラムの会場は、その奥にあった。参加者は40名ほど、パネルで仕切られた横を通りかかる人たちが、何をやっているのか覗き込んでいく。何人かが出入りしているので、述べ60名ぐらいになるだろうか。外を通る人向けにもっとアピールするものがあってもいいなと感じた。
 講演会の内容は、福井でもおなじみの服部重敬さんの基本講座という感じだったが、「カールスルーエの最長150kmの路線を北陸になぞらえると、富山LRTから北陸線に乗り込んで、金沢では香林坊を通って再び北陸線に戻って、福井では福鉄に乗り込んで武生まで行くようなものだ」という例示が印象的で、かつ北陸のLRTの夢だなとおもいました。    (林  博)

| | Comments (0)

富山LRT開業イベント参加2 060429

4月29日(土)12時ごろ富山駅北口に降り立って、何度も乗り降りするつもりでPASSCAを購入しました。
(PASSCA)
いざ広場に出てみると、LRT乗り場はパビリオン状態で1時間待ちとのこと。
待ちに来たのではなく、まちを見に来たのだから、もちろん歩いてまちを視察。企業が駅名を買ったインテック本社前、路面電車に切り替わる奥田中学校前をみて乗り込もうとしましたが、積み残しが出るぐらいのすし詰め状態400%?。目の前にインテック本社前から乗ったという松原さんが。終点の岩瀬浜も富山駅と同じような状態だとかいうので、あきらめて、途中の駅で降りて周辺を見て、再び帰りの電車に。こちらも300%。PASSCAは往復で200円しか使わなかったので、もう少し落ち着いてから、何度も乗りにこなくては。     (林)

| | Comments (0)

富山LRT開業イベント参加 060429

 今日開業したばかりの富山ライトレール(旧JR富山港線)に乗ってきました。
 北陸おでかけパスを使い午前8時44分に福井を出発して、金沢で乗り換えて富山に着いたのは正午を少し過ぎたころでした。富山駅北口から出ると、一年少し前に見た閑散とした風景とはぜんぜん違う光景が広がっていました。LRT乗り場にはすでに大勢の人が並んでいて、係りの人に聞くと1時間ほど待たなくては乗車できないとのこと。しょうがないので先に昼食とトイレを済ませ、12時50分ころ列の最後尾に加わりました。その間に2回電車が到着して、大勢の乗客を乗せて折り返して出発しました。待っている間に京都大学の中川先生(富山県出身)と、この間武生でお会いした松原さんを見かけたのですが、自分ひとりでは電車待ちの行列を離脱するわけにも行かず、結局声をかけられませんでした。
 3回目の電車にようやく乗ることができました。電車は(時刻表どおりだとしたら)15分おきに運行していたので40分くらい待っていたことになります。GW初日で天気が良かったせいか、車内は子供を連れた親子またはおじいちゃん・おばあちゃんと孫という組み合わせの家族が多く、その他にも鉄道ファンや一般観光客も当然いました。
 富山駅北を出発すると、駅前通を単線のサイドリザベーションとして北上し、しばらくすると右折して道路中央の軌道に乗り、「インテック本社前」(新設電停)に停車します。途中の交差点などでは、鉄道ファンが大勢構えていて、盛んにシャッターを押していました。そして、元の富山港線があった場所の手前で左折すると、そこからは踏切で一般交通とは完全に分離された専用軌道になります。終着の富山駅北と岩瀬浜を除き、専用軌道の部分も含めて、駅・電停は電車の後方から先頭を見て左側(つまりバス・タクシーに乗るのと同じ側)から乗降するようになっています。そのため、交換駅でない単線の駅でも線路を挟んで両側にホームがあります。
 終着の岩瀬浜駅で下車すると、そこでも以前見たものとは別の光景が広がっていました。駅前広場が新しく整備しなおされてバスターミナルが新設され、LRTとバスの乗り場の間は向かい合って、完全に段差がない状態で乗り換えすることができる“ホーム・ツー・ホーム”というものになっています。鉄道とバスを乗り継ぐ場合でもこのような配慮がしてあれば、“乗り換え抵抗”を減らすことができ“シームレス”な移動が可能になります。また、岩瀬浜駅近くの富山ライトレール開業関連イベント会場では、施設付属の駐車場を含め、周辺は全面的に駐車禁止が取られていた。つまり、よさこいなどのイベントのためのスペースになっており、イベント時に富山ライトレールを積極的に利用してもらおうという富山市の“TDM施策”に基づいた措置だとおもいます。
 岩瀬浜駅のすぐ近くの集客施設「岩瀬カナル(運河の意味)会館」では、ライトレール開通記念の催しが行われていて、よさこいなどで盛り上がっていました。ここで生ビールを一杯、プファー。公共交通のいいところは、安心してお酒を飲めるところにありますね。
 富山駅北に戻るのも2回分の電車を見送って、3回目にようやく乗れました。途中の駅(富山駅側に一番近い交換駅)で前方の電車が遅れ、交換待ちのために7分も待たされたのはちょっと興ざめでしたが、何とか富山ライトレールを往復することができました。
 富山駅北についたのは午後4時半ころでしたが、そのときでもまだ電車待ちの行列は続いていて、「ここが最後尾」「ただいまの待ち時間45分」と書いたボードを手に持った係員が電車待ちの行列を整理していました。最初に乗ったときにはそのようなボードがなかったので、私が岩瀬浜に行って帰ってくるまでの間に急遽作り上げたみたいです。このような“融通の利く対応”はすばらしいと思いました。
 その後、富山地鉄市内線に乗り西町へ。路面電車に乗ってみると、以前来たときよりもだいぶ乗客が少なく、「富山ライトレール」のほうに乗客を吸い取られてしまったような状態です。路面電車としてはこちらのほうが“先輩”なのにネ。
 その後再び「北陸おでかけパス」を使い福井に戻ってきました。

 以上が、富山ライトレールの開業日の状況です。今日のような状態では、電車に乗るのに一時間待ちは覚悟しなければならないかもしれません。じっくりライトレールに乗りたいと思っておられる方は、GW過ぎになさったほうがよろしいのではないでしょうか。         (塚谷)

| | Comments (0)

« April 2006 | Main | June 2006 »