« 自転車マップ作成ワークショップの予告 | Main | このまちと~まれ!2007開催 070923 »

サイクルフェスタに参加して  070513

去る5月13日の日曜日、サイクルフェスタin勝山2007に参加してきましたのでご報告致します。ROBAから参加したのは内田会長と私の二人。内田会長は昨年に続き二度目で、私は今年が初参加でした。
朝9時にえちぜん鉄道福井駅に到着し、受付を済ませると、続々と参加者が集まってきました。老若男女さまざまな人たちが本格的な高級サイクリング車から折りたたみ自転車まで、思いおもいの自転車を伴ってやってきました。そのうち内田会長も到着。9時57分発の貸切サイクルトレインで出発。添乗はえちぜん鉄道の大村さん。途中、大村さんと内田会長と私の三人が、えちぜん鉄道の活性化のアイデアについて議論を始めたのですが、そこへ、山王駅での列車交換待ちで時間のできた運転士の加藤さんも参加。えちぜん鉄道ならでは!と感心することしきりでした。
H19tc01

勝山駅到着後、大村さんと別れ、自転車をトラックに積んでマイクロバスでサイクルフェスタ会場の長尾山総合公園へ。サイクルフェスタ自体は勝山市・東急リゾートなどが開催。クライムヒルなど、いろいろな種目があり、私たちが参加したのはその内の『ぐるっと勝山うまいもんツーリング』で、さらにそれに『えちぜん鉄道で行く勝山市内エコツーリング』で参加したという形でした。会場には本格的なスポーツサイクルを屋根に積んだ自動車がたくさん来ており、また、大勢の参加者がいました。さらに、いろいろな自転車メーカーのブースがあり、70万円とか120万円とかの高級な自転車に試乗できるようになっていて大変賑わっていました。私はDAHONの折りたたみ自転車を、折りたたんで電車内にキャスターで持ち込めるよう改造していたので、DAHON社ブースの担当者から声をかけられました。私が、自転車と公共交通を組み合わせて使う方法のひとつとして折りたたみ自転車の改造に取り組んでいる旨を伝えると何枚も自転車の写真を撮られました。私がやっていることはDAHONの思想に合っているとのことで、名刺を頂き、「今度、堺に来ませんか。」と誘われ、自転車普及のコラボレーションを約束して別れました。これだけでも参加した甲斐があったと思いました。
昼食後、開会式があり、グループを割り振られて東急リゾートの引率担当とミーティングをして出発。勝山市街地を軽快に走り、堤防の遊歩道、勝山大橋を経て勝山駅で最初の休憩。『うまいもん』の第一番目、回転焼を食べ、さらに快走して遅羽公民館で2回目の休憩。ここで地元の方々から蕎麦をご馳走になり、さらに快走。勝山東大橋を渡り、何度か坂を上ると平泉寺へ至る杉並木の急坂の入り口へ。ここで引率のリーダーから、「これから登る坂はかなりきつく長い。このままロングコースを続ける人とショートコースに変更する人に分けます。」と言われたのですが、そういえばこのグループのゼッケンはショートコースのゼッケン。子供連れなど、普段スポーツとして自転車を使用しているわけではない人をこのチームに振り分けたようで、私も年齢からこのグループに入れられたようでした。「なめちゃいけない!こんな坂登れる」と迷わずロングコース続行を決めたのですが、この選択をしたのは16人中2人だけ。ショートコースに変更した14人と分かれていざ急坂へ。と、ところが、しばらく登ったらもう自転車が進まない。酸欠で激しい頭痛が・・・。結局、坂の九割を自転車を押して登りました。自分の年齢と日ごろの運動不足を自覚しました。平泉寺到着後、勝山市の職員の方から平泉寺の説明を聞き、少し移動して平泉寺名物のソフトクリームを食べ、帰路へ。長尾山総合公園で解散し、内田会長と合流して勝山駅へ。そして再び貸切のサイクルトレインで福井駅へと帰りました。
それにしても、民間と組んで市全体をサイクルスポーツのメッカにする勝山市の取り組みを、改めてすばらしいと感じました。地域のイメージはこのようにして形作られていくのだ―それを間近に見せられたような気がしました。来年はもっと多くのROBAのメンバーの参加を期待したいと思います。
              清水省吾

|

« 自転車マップ作成ワークショップの予告 | Main | このまちと~まれ!2007開催 070923 »

Comments

The comments to this entry are closed.