« 2011年度ROBA活動記録 | Main | 「ふくいのりのりマップ第9版」を発行 120430 »

カーフリーデーふくい2011が市民向けアピール賞受賞

モビリティウィーク&カーフリーデー日本アワード2011 受賞者決定
カーフリーデージャパンは、この度、モビリティウィーク&カーフリーデー2011 におきまして、移動に関す
る様々な問題を考える機会を市民へ提供し、新しい都市交通政策の展開を進展させるため、「モビリティウィーク
&カーフリーデー日本アワード2011」として、まちづくり貢献賞、イベント・プロジェクト賞、市民向けアピ
ール賞、カーフリーデーベストショット賞を設け、以下の通り決定致しました。
モビリティウィーク&カーフリーデー日本アワード2011
目的
.. 各団体が行うモビリティウィーク&カーフリーデーについての取組を讃えます
.. 各団体の取組の評価を行うことで、今後の取組への更なる意欲昂進に期待します
.. 日本におけるモビリティウィーク&カーフリーデーの質的向上をねらいます
.. 他団体や一般市民の関心を集める機会とします
受賞団体
1. まちづくり貢献賞
さいたまカーフリーデー実行委員会
2. イベント・プロジェクト賞
松本市ノーマイカーデー推進市民会議
3. 市民向けアピール賞
カーフリーデーふくいin田原町実行委員会

3. 市民向けアピール賞
受賞:カーフリーデーふくいin田原町実行委員会
受賞理由:
カーフリーデーふくいin 田原町実行委員会は、今年で5年目を迎えたが、市民団体ながら、例年、独自の切り
口でカーフリーデーの実施を行ってきた。今年は、より市民に参加してもらえるよう、参加してもらいたい地域
に入って、カーフリーデーの趣旨を伝え、参加をよびかけることに重点を置いた。
福井市のミーティングテーブル(公共交通利用促進モビリティ・マネジメント事業)に応募し、新駅開設地域(清
明易、泰澄の里駅)で、モビリティ・マネジメント(MM)事業を組み合わせて、カーフリーデーの参加を促す仕
掛けをおこなった。カーフリーデー当日までに、数回のセミナーを実施し、たくさんの市民が参加した。また、
今年は、県内の交通事業者、田原町地域のNPO、環境系NPOが実行委員として参加し、福井県、福井市、中
部運輸局福井支局、県バス協会が後援・参画し、協働の輪が広がったこと、それにより、カーフリーデー当日の
鉄道、バスのこども運賃の割引が実現し、カーフリーデーの来場者が約300名得られたことが高く評価された。

審査委員
委員長 太田勝敏(東洋大学国際地域学部教授、東京大学名誉教授)
委員 上岡直見(環境自治体会議 環境政策研究所)
委員 望月真一(EMW日本担当コーディネーター)
2011.12.16

|

« 2011年度ROBA活動記録 | Main | 「ふくいのりのりマップ第9版」を発行 120430 »

Comments

The comments to this entry are closed.